FC2ブログ

ネットだから書ける赤裸々体験談を日記形式で。今晩私は狼になる

カテゴリー:妹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実の妹には内緒で友人と3Pしたらくせになってしまった件


画像をクリックすると動画が再生されます。




画像をクリックすると動画が再生されます。



僕は21歳、17歳になる妹がいます。

妹は僕の小学校からの親友と付き合っています。

男友達としては、この上なく賢い友人なんですが、超女好きで、今まで付き合った女をひとつ残らずエロく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。

そんな友人と妹が付き合っているというのは、ちょっぴり抵抗がありましたが、妹の方が友人を好きになったようです。

今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそういうエロい話は聞かされていなかったんですが、ひょんな話から酒の席で、僕の妹ととうとうセックスしたという話を聞いてしまいました。

友人の話では、今までやってきた女の中でも妹は超敏感で、友人のセックステクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイッたらしいです。

このような話を友人から聞かされた僕は変に盛り上がってしまい、友人と妹のセックスの模様を見てみたくなりました。

妹も友人と付き合う前から結構色んな男と付き合ってきているので、前から興味がありましたが、ある日ついにタイミングが巡ってきました。

友人は今度、僕の家の妹とセックスする予定らしく、今回は、何気なくAVなんかである目隠しをしてやる事になりました。



僕は妹が来る前から友人の部屋の押し入れに忍び込み、現場を見物することになりました。

約束していた時刻が来ると、妹が友人の部屋に入って来ました。

妹が部屋に入るなり、友人は妹の肩を抱き寄せると目まぐるしくキスをし、ベッドに寄りかかると妹の上着を剥ぎ、ブルーのブラジャー姿の妹が現れました。

友人はブラジャーの上から深々と胸を揉みしだき、ブラジャーを剥ぎ取りました。

妹の乳輪は小さく、しかし今はもう勃起した乳首が赤紫色に充血していました。

妹は友人に乳首を人差し指と親指で摘み上げられ、リズムよく人差し指で弾かれ最高に感じているようです。

友人は妹のスカートを今度は捲り上げ、パンティーの股間部をしつように深く擦り上げだしました。

さすがに妹もたまらないらしく、喘ぎはじめ、パンティーにシミを作りはじめました。

友人が耳打ちして妹は小さくうなづき、友人は目隠しをしました。

妹は何の抵抗も無いため、友人の成すがままになっていました。

ようやく私の出番です。

こっそり押し入れから抜け出し、妹の痴態をマジマジと眺め、友人は僕に目配せをすると私は妹の背後にまわり、抱き着き、妹の乳首を摘んだり、パンティーのクリトリスのポイントを擦り上げていました。

途中から友人は妹に背後から抱きついているだけで、私が前から妹の乳首やアソコを擦るよう交代しました。

妹は友人に責められているものと思い、思いっきり下半身をビクつかせ声をがまんしながら感じています。

自分自身の妹が男に責められている時、こんなにいやらしく喘いでいると思うと頭の中がじんじんとヒートアップは更に増してきました。

とうとう友人がパンティーを脱がせました。

妹のオマンコを数年ぶりに見ました。

なんと、妹のアソコには毛がほとんど生えていません。

どうやら友人に剃毛されているようで、クリトリスの上に微妙にだけ毛が残されていました。

それと妹のオマンコはビラビラがみずみずしく光り、クリトリスもきちんと剥かれていました。

割れ目からは、今はもうすでに溢れんばかりに艶っとしたいやらしい汁が溢れていました。

僕はここの汁をクリトリスに塗りたくり、ヌルヌルした指先でクリトリスの根元からしごき上げてやりました。

妹は、もうたまらないようです。

ちらっと顔をのぞくと、妹は自分の兄貴にクリトリスを底の部分までシゴかれているとも知らず、急展開で腰を持ち上げるとカクンカクンなりながらイッてしまいました。

まだヒクヒクしていましたが、今度は友人が妹の背後から前にまわり、挿入するフリをして、僕が自分自身のイキリ立ったモノを妹のヌルヌルしたオマンコにぶち込んでやりました。

そして今まで、妹を犯ってみたいと思っていた思いをぶつけ、思いっきり突いてやりました。

妹はしきりに、「ああいいー、もっといいー■◯*+」と友人の氏名を叫んでいました。

僕も初めて味わう妹との気持ち良さに3分くらいしかもたず、思いっきり精子を妹にぶちまけました。

声が出せないので物足りませんでしたが、妹のいやらしい点を存分に味わう機会が出来、非常にラッキーでした。

この後は友人のじっくりとしたた激しい責めにあい、妹は何度もイッて、何度もヘロヘロにされている姿を見て私のモノがまたイキリ立ち、友人はめくばせをすると妹に咥えさせて、妹の口の中で僕も果てました。

妹は目隠しされたままで友人に褒められ愛をささやかれながら従順に何発も犯られて、「凄いーい目隠しいいー。さいっこう」を最後まで連呼していました。

友人のおかげで貴重な体験ができましたが、妹はこのままいけばさらにいやらしい女に進化していきそうです。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ジャンル : アダルト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。